紙器段ボール工場向け生産管理システム「FACNET」株式会社ファクター TEL 059-352-1461

CBOX

C*BoxProfit


ボックスメーカー対応 基幹システム「CBOX」と

CBOX(C*BoxProfit Ver.3)は、紙器段ボール工場向け基幹システム(ERP)です。見積処理、受注処理、生産計画(材料手配、工程手配)、発注処理、受入検収処理、仕入処理、売上処理、配送計画、印版木型管理、在庫管理、統計業務、原価管理などサブシステム群は貴社の業務の省力化に貢献します。
また生産管理システム「FACNET」との連携で工場も含めたトータルでの業務管理がシームレスに実現されます。

 
※ 一貫メーカー対応カスタマイズについても御相談ください

ジョブ権限により担当者毎のアクセス管理に対応

CBOXログイン画面

CBOXログイン画面

利用するユーザー(業務担当者)毎に、利用できるプログラムを設定できます。情報管理の側面からもコンプライアンスだけでない技術的対策とし活用いただけます。

操作性の高い画面設計

CBOX受注処理画面

受注処理

操作性の高い画面レイアウトを実現。日々の入力業務における操作性重視をコンセプトに開発されました。

受注残から工程負荷状況を集計、生産日調整により生産量の均しが円滑に

CBOX工程負荷照会PRG画面

工程負荷照会

生産計画サブシステムー工程負荷照会プログラムでは仕掛日より向こう7日間の工程別の
負荷 状況を算出表示します。PC画面にて、一目で日別製造負荷状況を把握でき、日々の工程作業量の平準化作業(生産計画業務)に寄与します。 
生産計画処理では、材料手配・外注手配・工程仕掛日の変更などを行います。客先納期に間に合う直前まで手配処理を行わない考え方であり、手配後の受注修正などにより発生する情報修正負荷を削減しています。

生産管理システム「FACNET」との親和性

CBOX FACNET連携PRG画面

FACNET生産予定データ送信プログラム

FACNETとの連携がスムーズに。生産予定および生産実績のデータ連携はシームレスに

原価管理サブシステム

CBOXの帳票

ロット別原価集計を反映した帳票

実原価(個別原価計算)よる利益管理を実現します。一般的な粗利(=売上金額ー材料費ー外注費ー仕入原価)による利益管理からさらに精緻な利益管理が可能となります。FACNET導入工場においては、工程別管理費とロット別の製造時間から受注ロット毎の加工賃を都度算定反映します
生産実績(FACNETによる加工時間抽出)、仕入金額、売上金額の確定情報からロット別の利益高を算出します。

棚卸業務省力化(オプション連携)

CBOX在庫管理システムとの連携で、棚卸業務の省力および間違い防止。バーコードリーダー、ボータブルラベルプリンタを利用した画期的な棚卸システムです。業務手順は以下
 

  1. CBOXから帳簿在庫データを取得、バーコードリーダに取込み
  2. 在庫置き場にてFACNET出力された製品看板(棚札、プラカード)に印字された二次元バーコードを読み取り、在庫数を入力・保存
  3. 発行されたラベルプリンタを製品看板に貼り付け
  4. 棚卸業務終了後、バーコードリーダーからCBOXへデータ出力
  5. 棚卸データが自動で伝送されます
  6. 棚卸完了

 

効果

  • 棚卸処理済みの製品へラベル貼付けを行うことで重複計上の防止
  • データの自動取込みにより転記(棚卸数の手入力)が不要
  • 類似商品名などで記入ミスの軽減(バーコード読み取りにより)
  • 作業時間・作業人員の削減(時間が2/3、人員1/2へ削減事例有

 

※ CBOX以外の基幹システム連携にも対応します(基幹側の連携カスタマイズができる場合)

 
バーコードリーダーとポータブルプリンタ

ハードウェア構成例