LinX | 株式会社ファクター (FACTOR Inc.)

LinX_logo.png

多品種少量生産・・・膨らむコスト

多品種少量生産の今。今後、原紙管理はますます重要となることが予想されます。しかし、原紙管理のための労力は大きな負担です。LinXを導入すれば、大きな経済効果を得られると共に、人手不足に対応する省略化・効率化も期待できます。LinXは、快適環境を実現します。

原紙管理システム「LinX」とは

zaikoitiran.jpg↑在庫一覧画面先進の原紙管理システムLinX原紙管理システムLinXは、パーソナルコンピュータ・原紙残長計測器・LANネットワークが原紙の入出管理・生産時の原紙残量をリアルタイムに管理、現時点の在庫原紙量が的確に把握できます。
これにより、適正在庫の管理、残原紙の有効利用はもちろん業務の効率化・省力化によるオペレーター・原紙管理責任者の負担を軽減します。
さらに、作業の標準化により誰でも作業できる環境を提供し、人手不足対策にも貢献します。


汎用システムの設備投資で専用システム以上の機能を実現

正確な原紙管理が原紙供給作業を効率化。さらに、残原紙を追放します。
原紙の入出庫状況をリアルタイムに把握、棚卸しにおける在庫チェックを不要にしました。さらに、原紙発注業務の省力化をも実現します。
日報・月報は作業終了時点に集計・プリントアウト可能。月/半期/前期のスピーディーな帳票作成が経営の確かな指針になります。
データベース化により、誰でも在庫原紙情報が確認でき、原紙管理者不在による作業の停滞や混乱が解消されます。情報のフラット化は、作業の標準化を実現します。
ータベース化された実走行長によりマシンのメンテナンス・タイミングを数値管理、または算出への応用も可能です。

LinX導入の費用対効果は管理費用だけでは計れません

●いつでも必要なときに集計ができ、スピーディーな帳票作成が可能。
●実在庫と在庫表は常に一致。
●正確な在庫原紙の管理が効果的な原紙供給作業を実現。
●生産ラインはいつもスッキリ、次の作業の段取りにかかれます。
 

LinXはFSC対応済みです

 

システム概要図

lx_system.png

パンフレット

パンフレットはこちら



生産管理ネットワークシステム


RFIDによる原紙および
貼合管理総合システム


コルゲータ貼合指示支援システム


原紙管理システム


印刷原稿データ化処理システム


多機能表示装置


フォークリフト車載端末


保全管理システム


FA用防塵パソコン筐体